メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ドルトムント名物“黄色い壁”が空席に…?ファンがボイコットを示唆した理由とは

情報提供:サッカーキング

ドルトムント名物の“黄色い壁”が、ボイコットにより見られなくなる可能性があるようだ [写真]=TF-Images/TF-Images via Getty Images
 2月26日に行われるアウクスブルクとの試合で、ドルトムント名物の“黄色い壁”が空席となる可能性があるようだ。1月12日のドイツメディア『スカイ』が伝えている。

 ドルトムントのホームゲームでは、サポーターグループやウルトラスがそれぞれ連携を取り合い、“黄色い壁”と呼ばれる有名なゴール裏の光景を作り出している。しかし、それを構成するサポーターたちのボイコットによって、その名物が見られない試合が出てくる見通しのようだ。

 ドルトムントのサポーター連盟の“ジュートトリビューネ”が「心苦しい決断だが、納得したうえでアウクスブルク戦から距離を置く」として、2月26日の月曜日に行われるアウクスブルク戦のボイコットを発表している。

 そして、同連盟の公式声明は「この決定はチームに向けたものではない。そうではなく、我々はブンデスリーガの試合が月曜日に開催されることを受け入れられないのだ!」と続いており、日程面の不満が今回の行動に繋がったとしている。

 ドイツサッカーリーグ(DFL)は、「ヨーロッパリーグの日程の影響を考慮して」という理由で、今季からヨーロッパリーグ(EL)に参加するクラブのリーグ戦のうち、5試合を月曜日に開催している。チャンピオンズリーグのグループリーグを3位で終え、早期敗退を余儀なくされたドルトムントは現在ELに戦いの場を移している。この結果を受けて、先述のアウクスブルク戦は月曜開催になることが決まっている。

 元々ドイツ国内のサポーターたちは月曜開催に否定的な態度を示し続けており、今回のボイコットはそれを代表する形となった。ドルトムントのサポーター連盟は、DFLおよびドイツサッカー連盟に対して以下のように抗議の意を表明している。

「素晴らしい雰囲気と満員のスタジアムをウリにしているブンデスリーガにとって、月曜開催は破産への道だ。誰もスタジアムに行けないような時間帯に試合を開催するということは、サッカーをサッカーたらしめているファンや、サッカーというスポーツそのものの社会的な意義に対する無関心を明らかにするものだ」

【関連記事】
●「選手が多すぎる」ドルトムントSD、今冬の移籍市場での動きに言及
●マンUがドルトムントMFプリシッチ獲得に本腰…ムヒタリアンとのトレードも
●ドルトムントのバス襲撃事件、28歳男性が罪認めるも「殺意はなかった」
●敗戦理由は“呪われたオレンジジュース”? オーバメヤン「半数以上が腹痛に」
●クローン人間? 韓国代表監督が独レーヴ監督にそっくり

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. WEB CARTOP 事故や事件を目撃! 緊急時でも走行中に110番通報するのは違反?
  3. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  4. 男子学生遺体 日立の河川敷に /茨城
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]