メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

柳家小蝠さん急死 42歳 5日まで寄席出演も体調崩し9日入院(スポニチ)

 落語家の柳家小蝠(やなぎや・こふく、本名新井淳一=あらい・じゅんいち)さんが12日午後3時50分、肺炎のため都内の病院で死去した。42歳。群馬県出身。通夜は20日午後6時、葬儀・告別式は21日午前10時から、いずれも東京都荒川区町屋1の23の4、町屋斎場=(電)03(3892)0311=で営まれる。喪主は妻の久実子(くみこ)さん。

     14年5月に真打ち昇進。元日から5日まで休みなく寄席に出演していたが、インフルエンザで体調を崩し9日に入院していた。関係者は「長年、糖尿病に苦しんでいたが、最近は元気そうだったのに」と話した。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
    2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    3. ORICON NEWS 山口達也、被害者両親からの言葉に感謝「すごく救われました」
    4. カーリング 日本がプレーオフへ C組2位を確定
    5. 同性カップル パートナーに「遺産を」 45年同居、相続求め親族を提訴 大阪地裁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]