メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 平昌五輪代表に決まった選手の応援行事が各地で行われている。その中で12日にあった、アイスホッケー女子の床亜矢可(23)が勤務する全日本空輸(ANA)の激励会が印象に残った。中心にいたのは本人、というより母栄子さん(50)だった。

 「私の幼い頃の夢はスチュワーデス……今で言うCA(キャビンアテンダント)でしたが、夢はかないませんでした…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです