メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

夏子は14歳の中学生…

 夏子は14歳の中学生。学校には居場所がない。出会ったのは一つ年上の月島。2人は長い時間をともにし、傷つき、悩みながら成長していく。人気バンド「SEKAI NO OWARI」(世界の終わり)のメンバー、藤崎彩織(さおり)さんの小説「ふたご」だ▲初めての作品があす発表の直木賞にノミネートされ、若者によく読まれている。夏子たちがバンドを結成してライブを開く。藤崎さんの人生と重ねる読者も多い▲夏子は小学生の時にひどいいじめに遭う。藤崎さんは雑誌のインタビューで話している。「すごく悲しい過去がたくさんある。靴に画びょうを入れられたりとか、ランドセルに死ねって書かれたり……」。ボーカルのFukase(深瀬)さんも学校になじめず、自身の発達障害にも苦しんだ。彼が月島のモデルだろう▲彼らは世界が終わったように、何もないどん底から音楽を始めた。その思いがバンド名に込められている。Fukaseさんは「(こんな自分だから)逆にそれは自分は劣等生だと思ってた奴(やつ)にも希望を与えられるものなのかもしれないし、病気で苦しい奴らにも……」と話している。藤崎さんに小説を書くよう勧めたのも彼だった▲彼女が作詞した「プレゼント」という曲がある。<いま君のいる世界が 辛(つら)くて泣きそうでも それさえも「プレゼント」だったと笑える日が必ず来る>▲つらい経験をしたからこそ心打つ音楽や小説を生み出せる。そのことを今、苦しみを抱えている子供たちに知ってほしい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
    5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです