メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

世界遺産がブームですが? 島本来の姿守りたい 鹿児島県屋久島町長・荒木耕治氏

 日本初の世界遺産=1=に屋久島(鹿児島)、姫路城(兵庫)など4件が登録されて25年になる。その後も遺産登録は相次ぎ、今年も新規登録が誕生する見通しだ。日本国内では「地域活性化の切り札」と位置付けられることもある世界遺産。初代登録地のある鹿児島県屋久島町の荒木耕治町長(67)は最近の世界遺産ブームをどのように見ているのか。【聞き手・永山悦子、写真・和田大典】

--世界遺産登録から25年。最も変わったことは何ですか。

この記事は有料記事です。

残り2873文字(全文3081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです