メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

小学校、英語教育禁止 西側の影響力警戒

 【カイロ篠田航一】イラン政府は今月に入り、小学校での英語教育を禁止する方針を明らかにした。ロイター通信などが伝えた。幼い時期から英語を教えることは「西側による文化侵略」につながると判断したという。

 イランでは昨年12月28日から約1週間、全土で反政府デモが起き、指導部は「欧米が扇動した」と主張。政権が西側の影響力拡大に警戒を強めている模様だ。

 イランでは中学校に入学する12歳ごろから英語を学ぶのが一般的だが、一部は小学校で開始し、富裕層・中…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです