メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

山野学苑・山野愛子ジェーン理事長

山野愛子ジェーン・山野学苑理事長

美の力で活力と彩りを

 髪をきれいにセットしたとたん目が輝き、弱った手足に力が戻る--。施設や病院などで日常を送る高齢者に、医療・介護とは違ったケアを提供できるのが、訪問美容だ。美容福祉教育にいち早く取り組んできた山野学苑の山野愛子ジェーン理事長は「美がもたらす力は大きい」と強調する。【上杉恵子】

 --美容福祉に着目されたのは、祖母の山野愛子・初代理事長が入院した時の経験からだそうですね。

 ◆祖母は晩年の病床にあっても「髪を洗いたい」と訴えました。しかし、点滴などの線が張り巡らされたベッ…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1173文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです