メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井四段

佐藤名人破り、羽生竜王と対戦へ 朝日杯準決勝

朝日杯将棋オープン戦で佐藤天彦名人(右手前)に勝利し、感想戦に臨む藤井聡太四段=名古屋市東区で2018年1月14日、木葉健二撮影

 第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント準々決勝が14日、名古屋市東区で指され、公式戦29連勝の最多連勝記録を昨年達成した最年少棋士の藤井聡太四段(15)が佐藤天彦名人(29)に121手で勝って準決勝に進んだ。

 公式戦でタイトル保持者と対局するのは初めてだったが、将棋界最高峰の名人を破る快挙を成し遂げた。準決勝は国民栄誉賞の受賞が決まった羽生善治竜王(47)と公式戦で初めて対局する。史上最年少の棋戦優勝がかかる準決勝と決勝は2月17日、東京都内で指される。【山村英樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 加計学園 首相面会否定、愛媛知事「ありえない」
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]