メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

大相撲に理想と現実のギャップ 力士像、熟議の時代に=論説委員・村田隆和

満員御礼の垂れ幕が下がった大相撲初場所初日=東京・両国国技館で14日、小川昌宏撮影

「品格」の定義は曖昧

 大相撲初場所が始まった。元横綱・日馬富士の傷害事件をめぐる一連の騒動は関係者に処分が下り、日本相撲協会には「出直し」の場所となる。角界もファンも相撲に集中できる1年になることを期待しつつ、私たちにとっての相撲とは何かを考えた。

文化を伝える使命

 今月5日の横綱審議委員会による稽古(けいこ)総見。四股、てっぽう、すり足と白鵬が相撲の基本動作を淡々と続けていた。1時間も過ぎた頃、土俵に上がらぬ横綱にいらだったのか、八角理事長が強い口調で言った。「(相撲を)取らなきゃ」。声に促されるように白鵬は平幕の正代を相手に7番取ると、報道陣の問いかけには無言で東京・両国国技館を後にした。

 白鵬は過去最多40回の優勝歴を誇り、昨年の名古屋場所では歴代最多の1048勝も記録した。2007年…

この記事は有料記事です。

残り2014文字(全文2363文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]