メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

半世紀遅れても「働き方改革」=大高和雄

 年功序列は「創意に欠ける労働力を生み出す」。技術革新時代に必要なのは「同一労働同一賃金原則の浸透、労働移動の円滑化」。

 これは1960年の「国民所得倍増計画」に盛り込まれた労働政策の一部だ。

 それから半世紀余り。加速する少子高齢化、情報技術(IT)や人工知能(AI)の進展が「働き方改革」をせき立てている。

 高齢者への社会保障給付は雪だるま式に膨らむ。支える働き手の数は減る。一人一人が、より多くの価値を生…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです