メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

半世紀遅れても「働き方改革」=大高和雄

 年功序列は「創意に欠ける労働力を生み出す」。技術革新時代に必要なのは「同一労働同一賃金原則の浸透、労働移動の円滑化」。

 これは1960年の「国民所得倍増計画」に盛り込まれた労働政策の一部だ。

 それから半世紀余り。加速する少子高齢化、情報技術(IT)や人工知能(AI)の進展が「働き方改革」をせき立てている。

 高齢者への社会保障給付は雪だるま式に膨らむ。支える働き手の数は減る。一人一人が、より多くの価値を生…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文889文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]