メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「世界の記憶」朝鮮通信使 友好の200年に学ぼう=森忠彦(オピニオングループ)

中澤さんらが建てた相島の通信使碑。世界各地で慰安婦像の建立が進むが、日本では通信使の碑こそを広めたい=森忠彦撮影

 日韓関係に険悪なムードが広がっている。従軍慰安婦問題をめぐる「合意」について韓国側が議論を蒸し返そうとしたのが発端だ。2015年12月の合意は「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したはずなのに、政権が代わると簡単に前政権の決定を覆す韓国の手法に、日本側が「またか」とうんざりするのは当然だろう。ただ、両国間には消え去らない長い歴史のしこりがあるのも事実。未来志向の道はないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1877文字(全文2068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです