メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

政権軍攻撃で184人死亡 人権観測所、化学兵器使用の情報

 【イスタンブール共同】シリア人権観測所(英国)は14日、内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊の反体制派地域、東グータ地区へのアサド政権軍の攻撃で昨年12月29日以降、52人の子どもを含む市民184人が死亡したと発表した。化学兵器の塩素ガス弾による攻撃で6人が治療を受けたとの情報もある。

     内戦は、アサド政権がロシアやイランの支援を受けて勝勢。政権軍は最近、反体制派が今も拠点とする東グータ地区や、北西部イドリブ県への攻勢を強めている。国連のゼイド人権高等弁務官は10日、東グータ地区への政権軍の空爆や地上攻撃で市民の犠牲が急増しているとの非難声明を発表、「戦争犯罪」の恐れを警告した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです