メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 ブーム発信、多様化 テレビ中心から移行

 バブル景気と、その後の長期にわたる経済の低迷。平成の時代の世相は、その落差を反映するようにめまぐるしく変化した。インターネットの普及で、一人一人が情報発信の主役になり、流行も多様な表情をみせるようになった。

 平成はバブル景気に沸く熱狂の中でスタートした。まもなく経済指標的にはバブルは崩壊したが、人々の生活感覚でいえば、その後こそがバブルだった。東京・芝浦のディスコ「ジュリアナ東京」の開業は1991年5月。バブルの象徴となった、ボディコン姿の女性がお立ち台で踊る姿はその後の数年間、見られた現象だ。東京・六本木のディスコ「ヴェルファーレ」は94年にオープンしている。

 「東京ラブストーリー」(91年、フジテレビ系)のようなトレンディードラマがヒットしたのもこの頃。東…

この記事は有料記事です。

残り2690文字(全文3025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです