メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

命のリレー、生を受け 出生の日、助け合い語りたい

語り部KOBE1995の例会で、語り部の先輩たちから激励される中村翼さん=神戸市中央区で、道岡美波撮影

 「自分の誕生日は、多くの人が大切な人を失った『悲しい日』だと抱え込んでいた」。阪神大震災が発生した1995年1月17日に生を受け、その意味を自問自答してきた若者がいる。心の置き場が見つからず、混乱した思春期。契機は大学で学んだ防災教育だった。両親から初めて出生時の話を聞き、多くの人に助けられ、今の自分があることを知った。23年の月日をへて今年、最年少の語り部として本格的に活動する覚悟を決めた。

 神戸市兵庫区の会社員、中村翼さん(22)。幼いころは、震災のことがテレビで流れても特別に感じなかっ…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1146文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです