メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

どうなる2強と女王不在=杉山愛

 新たなシーズンを迎え、2018年のテニス界を展望してみたい。男子は、昨年4大大会のタイトルを2冠ずつ分け合ったベテラン、フェデラー(全豪、ウィンブルドン優勝=スイス)とナダル(全仏、全米優勝=スペイン)の「2強崩し」を誰が成し遂げるか。一方、女子は「女王不在」の混戦状態から誰が抜け出すか。対極的な男女の戦況が今年はどう変わっていくのか楽しみだ。

 昨季の男子はトップ選手に負傷欠場が相次いだ。15日に開幕した全豪オープンにも、右手首の負傷から復帰…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文841文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]