メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

早坂と渥美清と山頭火

 先月死去した脚本家の早坂暁は俳優の故・渥美清と公私にわたる交流があった。渥美は自宅とは別に東京・代官山に仕事場を持っていたが、早坂も東京・渋谷のホテルで寝起きし、脚本を書いた。40年以上の付き合いだった2人はともに荷物をほとんど持たないことまでそっくりだった。

 俳号を持っていた渥美は自由律俳句の尾崎放哉に興味を持つ。相談すると、早坂も乗り気。諸事情から漂泊の俳人、種田山頭…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです