メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

早坂と渥美清と山頭火

 先月死去した脚本家の早坂暁は俳優の故・渥美清と公私にわたる交流があった。渥美は自宅とは別に東京・代官山に仕事場を持っていたが、早坂も東京・渋谷のホテルで寝起きし、脚本を書いた。40年以上の付き合いだった2人はともに荷物をほとんど持たないことまでそっくりだった。

 俳号を持っていた渥美は自由律俳句の尾崎放哉に興味を持つ。相談すると、早坂も乗り気。諸事情から漂泊の俳人、種田山頭…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです