メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

師匠の右近に書いてもらった手本を見ながら思い出を語る右橘=濱田元子撮影

一筆に盛況願い

 まねきや大看板、高座のめくり--。寄席や落語会に足を運ぶと、出演者の名前が太くくっきりと書かれた独特の文字に目を奪われるはず。歌舞伎の勘亭流とも、相撲字ともまた違う、「寄席文字」といわれる書体が情緒を醸す。一筆で書くので丸みのあるのが特徴。「紙の空間を客席に見立てて、隙間(すきま)なく墨黒々と埋め、客足がしり上がりに伸びるように右肩上がりに」。橘流寄席文字の橘右橘さんは、一文字一文字に込める思いを語る。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1176文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  2. 飲食店で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  3. 札幌飲食店爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです