メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日芸術賞の人々

/6止 野村萬斎さん

野村萬斎さん=根岸基弘撮影

 ◆千田是也賞 野村萬斎さん 「子午線の祀り」(世田谷パブリックシアター)の演出

ジャンルの壁越えた挑戦

 「子午線の祀(まつ)り」は、平家が壇ノ浦の合戦で敗れ、平知盛が入水するまでを「平家物語」に材を取って描いた木下順二作品である。1979年の初演以来、92年の第5次まで、父、野村万作が源義経を演じていたため、舞台をずっと見ていた。配役が一新されての99年公演には知盛役で初出演。再演2度目の2004年の世田谷パブリックシアター公演でも知盛をつとめた。狂言師として実績を積む一方で、古典の技法を用いた舞台作品の演出でも高い成果を上げており、昨年の演出は満を持してのものであった。 

 「まだ芝居のよしあしもわからないころに、狂言や能以外で初めて見た舞台が『子午線の祀り』だったかもし…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1463文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです