メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

恩送りをつなげたい=中村秀明

 <sui-setsu>

 コーヒーを飲んだ後、懐に余裕のある人はレジで自らの代金を払い、さらにもう1杯分のお金を支払う。先払いされたコーヒーは、後になって店を訪れるであろう、お金に困っている誰かに無料で振る舞われる。

 「恩送りのカフェ」と呼ばれるこの習慣は、第二次大戦中のイタリア・ナポリで生まれたと言われる。小さな善意の連鎖によって人々の分断や孤立を防ぎ、地域社会の連帯を取り戻す活動だった。

 この発想にならい制作されたとみられる映画が2001年公開の「ペイ・フォワード」だ。世界を変えたいと…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです