メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

阪神大震災23年 記憶のバトン 今も語れない人がいる=道岡美波(北陸総局)

自宅で子どもたちとくつろぐ新川愛さん(中央)と修平さん(右)=神戸市長田区で2017年12月16日、久保玲撮影

 死者6434人を出した阪神大震災から17日で23年を迎えた。私はこの冬、震災報道の応援記者として神戸を拠点に取材をした。話を聞いた被災者・遺族は約30人。肉親を失った女性は今、家族が笑顔でいられることを「当たり前じゃないこと」と言った。被災者を助けられなかった消防士は、取材を機に息子に当時の様子を語った。この冬の経験は濃密で受け止めきれていない。記者として被災者の記憶をどう報じていくべきか、自問自答が続いている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです