メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

故郷に帰りたい サンパウロ支局・山本太一

 「故郷に帰れるものなら帰りたい。でも、怖くて帰れない」。コロンビアの首都ボゴタに住むイスマエリナ・ブルバーノさん(50)が複雑な心境を明かした。

 南西部カウカ県の出身。10歳の時、父が畑で農作業中に地雷を踏み亡くなった。隣で手伝っていたブルバーノさんは右足の膝下を失った。地雷は左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)が政府との内戦中に埋めたものだった。

 2007年、FARCに親戚が殺害されたのをきっかけに、母と兄弟6人でボゴタに避難してきた。ブルバー…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文548文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]