メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2018

EVやAI関連に照準 三菱商事社長・垣内威彦氏

=宮本明登撮影

垣内威彦(かきうち・たけひこ)氏

 --今年の世界経済をどう見ますか。

 ◆基調は昨年と変わらず堅調だろう。米国、欧州、東南アジアなどは特に景況感が良い。中国も市場で想定されているほど悪くない。電気自動車(EV)や自動運転、人工知能(AI)、(あらゆるモノがネットにつながる)IoTなどの技術革新は産業革命に近く、持続性があると考えている。何十年、何百年に1回の産業構造の変化が起きており、容易に悪くならないと思う。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです