メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2018

EVやAI関連に照準 三菱商事社長・垣内威彦氏

=宮本明登撮影

垣内威彦(かきうち・たけひこ)氏

 --今年の世界経済をどう見ますか。

 ◆基調は昨年と変わらず堅調だろう。米国、欧州、東南アジアなどは特に景況感が良い。中国も市場で想定されているほど悪くない。電気自動車(EV)や自動運転、人工知能(AI)、(あらゆるモノがネットにつながる)IoTなどの技術革新は産業革命に近く、持続性があると考えている。何十年、何百年に1回の産業構造の変化が起きており、容易に悪くならないと思う。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです