メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ

/6 必要なのはちょっとの勇気 数学者・大道芸人 ピーター・フランクルさん(64)

「言葉を勉強すると毎日新しい発見があり、その喜びがさらなる勉強の原動力になる」と話すピーター・フランクルさん=宮間俊樹撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --多くの言語を使いこなすマルチリンガルとして知られています。何カ国語を、どのように習得したのですか。

 ◆話せるのは12カ国語くらい。最初は母国語のハンガリー語です。次にドイツ語。親の希望で家庭教師がつき、小学1年から学びました。当時、ハンガリーはソ連の衛星国で、小学5年からロシア語を勉強しなければならなくなった。嫌がっていた友人もいたけれど、僕は文字が違って面白いと思いました。

 高校生になって、遊び半分でスウェーデン語を勉強し始め、その後、妙なきっかけで英語を学ぶことに。米国…

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2077文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです