メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

今も心に 5歳で失った娘へ思い綴る

発生時刻で止まったままの時計の前で黙とうする人たち=兵庫県西宮市で2018年1月17日午前5時46分、平川義之撮影

 阪神大震災から23年。被災地は昨晩から続く冷たい雨の中、朝を迎えた。遺族らは「あの日」のことを今も昨日のことのように思い返し、故人との果たせなかった約束を忘れることができないでいる。各地の追悼会場では、今年も大切な人をしのびながら、祈りをささげる姿がみられた。

 「ごめんね。天国で元気でいますか。妹を見守ってあげてね」

 阪神大震災で長女希(のぞみ)さん(当時5歳)を亡くした小西真希子さん(58)=神戸市灘区=は17日…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1470文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです