メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

離れた手「今も昨日のことのよう」

阪神大震災から23年。雨の中、発生時刻に黙とうする大勢の人たち=神戸市中央区で2018年1月17日午前5時46分、貝塚太一撮影

 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から23年となった。雨の中、多くの人々の人生を一瞬で変えた午前5時46分、各地で追悼行事が営まれ、静かな祈りがささげられた。神戸市中央区の東遊園地には、阪神地域だけでなく、全国の被災地からも多くの遺族や関係者が訪れた。

 同市兵庫区の内職業、大石博子さん(68)は「慰霊と復興のモニュメント」で、高校1年だった次女朝美さん(当時16歳)の名前が刻まれた銘板をそっとなで、「私が代わってやりたかった」とこぼした。幼稚園の先生になるのが夢で、あの日も未明まで勉強していた。がれきの中に3時間以上閉じ込められ、名前を叫んだが返事はなかった。「私、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防衛省「最終見解」 にじみ出る不快感 火器管制レーダー照射問題
  2. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  3. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  4. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです