メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東和平

PLOが米仲介拒否 エルサレム首都撤回求める

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナの国際的な代表機関であるパレスチナ解放機構(PLO)の中央委員会は15日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都とした認定を撤回するまで、イスラエルとの和平交渉で米国を仲介役と認めないと決めた。

 トランプ氏はイスラエルとパレスチナの和平仲介に意欲を見せ、今週末からペンス副大統領を中東に派遣するが、当事者による拒否は障害になりそうだ。

 PLO中央委はまた15日の声明で、内閣にあたる執行委員会に、イスラエルが第3次中東戦争(1967年…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです