メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高田守先生の生き物語り

(番外編)完璧すぎる時間感覚

北海道のウトナイ湖に飛来した渡り鳥=2016年10月、福島英博撮影

 新年を迎え、いかがお過ごしだろうか? 現代に生きる我々は、毎年決まった時期にお正月やお盆などの行事をこなしながら生活している。決まった日に、特定の行動をするために、我々はカレンダーを見てスケジュールを確認する。裏を返せば、カレンダーを使わなければ、今日が何月何日なのか分からなくなってしまう。

 正確に時期を把握することは、多くの生き物たちにとっては「うっかり忘れてしまいました」では済まない死活問題だ。決まった時期に繁殖したり、巡ってくる冬に備えたりすることができなければ、子孫を残すことができない。そのため、多くの生き物には、時期を把握する能力が備わっている。気温や昼夜の長さ、月の満ち欠けの情報を基に時期を把握する生き物がいる一方、完璧な時間感覚を持つ生き物もいる。彼らは、昼夜の長さが常に同じで一定の温度下に置かれても、リ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです