メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

大阪城公園「教育塔」「教育勅語碑」 「尽忠報国」思想刻む /大阪

南外濠の近くにそびえる教育塔=大阪市中央区の大阪城公園で、亀田早苗撮影

 昨年は、1890年に明治天皇が発した「教育勅語」が注目された。今回は大阪市中央区の大阪城公園内の「教育塔」「教育勅語碑」を回り、戦争中にどう利用されたか振り返りたい。

 「大阪戦争モノ語り-街角の『戦跡』をたずねて」(清風堂書店)の著者、森田敏彦さん(74)の案内で、馬場町交差点から大阪城公園へ。西側の30メートルの白い塔が教育塔だ。

 事故や災害などで職務中に犠牲になった教職員や児童を追悼する塔で、1936(昭和11)年10月30日…

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1565文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです