メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

医療現場も風化懸念 医師7人、経験語る /大阪

 1995年の阪神大震災直後に被災者の治療に当たった医師7人が当時の経験を語る講演会が14日、大阪市内であった。企画した大阪医科大の冨岡正雄准教授は、医療関係者の間でも語り手が少なくなり記憶の風化が懸念されるとして「阪神大震災は日本の災害医療の原点。あの時何が起きたのかを改めて知ってほしい」と訴えた。

 震災時は多くの患者が病院に押し寄せ、廊下で心臓マッサージをしたり、情報がなく他の医療機関への搬送に…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文554文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]