メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
阪神大震災

医療現場も風化懸念 医師7人、経験語る /大阪

 1995年の阪神大震災直後に被災者の治療に当たった医師7人が当時の経験を語る講演会が14日、大阪市内であった。企画した大阪医科大の冨岡正雄准教授は、医療関係者の間でも語り手が少なくなり記憶の風化が懸念されるとして「阪神大震災は日本の災害医療の原点。あの時何が起きたのかを改めて知ってほしい」と訴えた。

 震災時は多くの患者が病院に押し寄せ、廊下で心臓マッサージをしたり、情報がなく他の医療機関への搬送に…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文554文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです