メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

発生から23年 下関、長門、美祢が合同防災訓練 /山口

大雨の被害状況を地図で確認する災害対策本部

 阪神大震災発生から23年を迎えた17日、下関と長門、美祢3市による合同防災図上訓練が、下関市役所5階の会議室などで開かれた。3市の関係機関から合わせて約370人が参加し、情報伝達や意思決定の手順を確認した。

 訓練は昨年の九州北部豪雨を参考に、県内のほぼ全域で、記録的な大雨が降る想定。前田晋太郎市長を本部長とする災害対策本部を下関市役所に設置し、市内の各…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]