メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

23年 抜き打ちで参集訓練 県、職員の初動対応を確認 /福岡

訓練に向け、田島県防災危機管理局長(中央)の訓示を受ける職員ら

 阪神大震災の発生から23年の17日、県は地震被害を想定した県職員の緊急初動班参集訓練を実施した。防災危機管理局の職員と他部署の職員計約50人が情報収集や情報伝達など災害時の初動対応を確認した。

 県によると、阪神大震災をきっかけに緊急初動班は設けられ、訓練は今回で19回目。この日は午前5時58分に田島誠…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです