メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

パンダに勝る馬文化=坂東賢治

 <moku-go>

 明治政府は当初、フランスを陸軍のモデルにしたがドイツに切り替えた。司馬遼太郎の「坂の上の雲」には、訪仏した山県有朋にフランス留学中の秋山好古(よしふる)が馬術だけはフランス式が優れていると進言する場面が出てくる。

 秋山はその後、日露戦争で騎兵部隊の指揮を執り、「日本騎兵の父」とも呼ばれた。

フランスで4年余り学んだことで多少の「ひいき目」があったとしても、判断にそう狂いはなかっただろう。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです