メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

往時の暴力はなぜ生じたか=福間良明・立命館大産業社会学部教授

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は「慰安婦問題」をめぐる日韓合意(2015年12月)の検証結果をふまえたうえで「内容と手続きのすべてが間違っていた」と発言した。こうした動きに関して、毎日新聞18年1月11日朝刊社説では「政権交代があっても国家間の約束は守るというのが国際常識だ」と論じている。同様の指摘は、朝日新聞をはじめ、他紙にも見られた。

 政権が代わったからといって国家間の合意事項がほごにされては、安定的な外交は成立しない。その意味で、…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文848文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]