メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ

/7止 人を幸せにしたい 「V・ファーレン長崎」社長 高田明さん(69)

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --通販大手「ジャパネットたかた」の経営から退いた後、サッカーJ2で経営危機に直面していた「V・ファーレン長崎」運営会社の社長に就任したのが昨年4月。それから7カ月でJ1昇格決定。サポーターと一緒に目指してきた「ゼイワン」が現実になりましたね。

 ◆長崎の平戸なまりでしてね。ゼイワンかジェイワンか今もよく分からないんです。V・ファーレンはふたを開けてみたら3億円以上の累積赤字。売り上げ規模からすると、もう潰れるくらいの額でした。長崎を元気にしなきゃいけないのに。それでジャパネットがグループ会社にした。僕はもう完璧に離れていましたが、サッカークラブを手伝ってくれないかと、ご縁をもらって社長になりました。

 「どうして急に強くなったの」って、よく聞かれます。僕が試合に出てフォワードをやったわけじゃないんで…

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2171文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]