メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エアレース

「空のF1」室屋選手、総合連覇へ意欲 都内で会見 /福島

2018年シーズンに向けた抱負を語るエアレースパイロットの室屋義秀選手=東京都渋谷区渋谷1で

 「空のF1」と呼ばれる小型プロペラ機のタイムレース「レッドブル・エアレース」で昨年、日本人初の年間総合優勝を果たした室屋義秀選手(44)=福島市在住=が18日、東京都内で記者会見を開いた。来月始まる2018年シーズンについて「昨年の経験は生きる。再びワールドチャンピオンを取る」と、総合2連覇への意気込みを語った。

 エアレースは、空気で満たされた高さ25メートルのパイロンが並ぶ空中コースを、最高時速370キロで飛…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです