メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エアレース

「空のF1」室屋選手、総合連覇へ意欲 都内で会見 /福島

2018年シーズンに向けた抱負を語るエアレースパイロットの室屋義秀選手=東京都渋谷区渋谷1で

 「空のF1」と呼ばれる小型プロペラ機のタイムレース「レッドブル・エアレース」で昨年、日本人初の年間総合優勝を果たした室屋義秀選手(44)=福島市在住=が18日、東京都内で記者会見を開いた。来月始まる2018年シーズンについて「昨年の経験は生きる。再びワールドチャンピオンを取る」と、総合2連覇への意気込みを語った。

 エアレースは、空気で満たされた高さ25メートルのパイロンが並ぶ空中コースを、最高時速370キロで飛…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文620文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]