メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイガク走る

学生、教員地域と共に 北九大で能楽ワークショップ 身体表現の大切さ学ぶ /福岡

 小倉南区の北九州市立大北方キャンパスで6日、地元出身の観世流能楽師、津村禮次郎さん(75)の市民向けワークショップが開かれた。伝統芸能を通じて現代人が忘れがちな「体感」を学ぶのが狙い。津村さんは国の重要無形文化財保持者に認定されている“名人”で、福岡市からも受講者が訪れた。

 「左足を一歩引いて次に右を下げる」「扇子は引いて開き、手前から押して閉じる」

 会場となった教室で、津村さんが舞台での動きを一つ一つ解説する。受講者40人は真剣なまなざしを向け、…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです