メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深まる分断

トランプ政権1年/上(その2止) 先鋭化する党派主義

 

大統領批判は「裏切り」

 米西部アリゾナ州ナバホ郡。2016年の大統領選では共和党のトランプ氏が民主党のクリントン候補に得票率で10ポイント以上の大差を付け圧勝した。郡内の人口約6000人の町、スノーフレークでは、市民から今もトランプ氏を支持する声が聞こえてきた。

 ウィリアム・スミスさん(69)は、勤務していた製紙工場がカナダの企業に買収された末、6年前に閉鎖された。300人以上の住民が失業し、スミスさんも時給45ドルの給与を失った。「雇用を取り戻す」と約束したトランプ氏に期待するスミスさん。「トランプ政権が誕生してから株価は上昇し、肉牛の市場も好況。建設ブームも起きている」という。トランプ氏の移民規制政策などを批判する共和党主流派のフレーク上院議員は、地元アリゾナ州選出であっても「裏切り者だ」と辛辣(しんらつ)だ。

 アリゾナ州では引退表明したフレーク氏の後任枠を巡り、秋の中間選挙に向けた共和党内の激烈な争いが始ま…

この記事は有料記事です。

残り2178文字(全文2592文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]