メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

トランプ米大統領就任1年

ケン・ワインスタイン ハドソン研究所所長兼最高経営責任者

 「米国第一」を掲げるトランプ米大統領の就任から20日で1年。女性や移民への差別的な発言などで「米国の権威を失墜させた」と批判を浴びる一方、株価の上昇や失業率の低下など政権下での経済的な「成果」も指摘される。トランプ政権の1年をどう評価するか。親トランプ、反トランプの立場の識者2人に論じてもらった。

「強硬姿勢」を前面に成果 ケン・ワインスタイン、ハドソン研究所所長兼最高経営責任者

 トランプ大統領の信用を失墜させることを目的とする「雑音」を取り除いて評価すれば、トランプ政権の1年目は、けた外れの成果を上げた力強い年だったといえる。11月の米中間選挙の行方は注視している。民主党は勢い付いており、選挙結果によっては政権運営に影響が出るが、何が争点になるかを現時点で判断するのは時期尚早だろう。

 トランプ政権が実施した30年に1度の税制抜本改革や大幅規制緩和は今後、国内経済に大きな好影響を及ぼ…

この記事は有料記事です。

残り3568文字(全文3965文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]