メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

静岡県吉田町「夏休み16日」先送り 「学力のため」とは何か=松岡大地(静岡支局)

吉田町独自の学力テストに取り組む児童ら。夏休み短縮は先送りとなった=静岡県吉田町で、松岡大地撮影

 教員の長時間労働を解消しつつ、子どもの学力をどう高めていくのか。喫緊の問題に、夏休みを16日程度に短縮する大胆な教育改革プランを示し、全国的に反響を呼んだのが静岡県吉田町だった。公立小中学校で夏休みを短縮する動きは全国に広がっているとはいえ、20日間を切るのは異例だ。しかし、保護者らから「クラブスポーツなど、学校以外の活動に参加できなくなる」などの声が相次ぎ、町は昨秋「理解を得るためには一定期間が必要」と完全実施時期を予定の2018年度から20年度へ先送りすることを決めた。夏休み期間は「春・冬休みなど年間を通して検討する」と従来の方針を後退させた。

この記事は有料記事です。

残り1744文字(全文2022文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  3. 重過失致死 乳児死亡、父はゲーム 浴槽放置「自由な時間確保」 容疑で書類送検 埼玉
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 非常事態宣言で「一石二鳥」狙い トランプ氏、政府再閉鎖の回避と支持層アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです