メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米政権

拠出金凍結 パレスチナ、不安と怒り 国連機関が支援訴え

 【エルサレム高橋宗男】トランプ米政権は16日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出金の半額以上を凍結した。パレスチナ難民らの間に不安や怒りが広がっており、UNRWAは国際社会に支援強化を訴える方針だ。

 「次回は食糧を受け取れるのだろうか」

 パレスチナ自治区ガザ地区の食糧配布センターに、小麦や砂糖、食用油、缶詰などを受け取りにきた8人の子供の父親、ムハンマド・サレハさん(52)は毎日新聞の取材に不安を隠さず、「状況は最悪だ」と何度も繰り返した。ガザ地区では人口200万人の半数以上がUNRWAの食糧支援に頼っている。

 1948年のイスラエル建国と第1次中東戦争の結果、約70万人のパレスチナ人が故郷を追われ、現在は子…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文761文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです