メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイジェリア

自爆攻撃で12人死亡 北東部で2件

 【ヨハネスブルク小泉大士】ナイジェリア北東部ボルノ州の州都マイドゥグリで17日、自爆攻撃が2件あり、12人が死亡、48人が負傷した。イスラム過激派ボコ・ハラムによる犯行とみられる。ロイター通信などが地元当局者の話として報じた。少なくとも1件は女の犯行で、買い物客を装って市場に行き自爆した。近くにボコ・ハラムの襲撃から逃れた人たちが暮らす避難民キャンプがあった。

     ボコ・ハラムはボルノ州などで誘拐した女性や子供の体に爆発物を装着し、自爆を強制するテロを繰り返している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
    2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです