メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学関連

都内で難関資格試験合格者が祝賀会 立志舎の学生1400人

祝賀会で記念撮影をする学生たち
難関資格試験に合格した学生にはトロフィーが贈られた
公認会計士試験で全国最年少の19歳で合格し、各種試験合格者を代表し、あいさつをした田茂一成さん
祝賀会では、各校チアリーディング部による華麗な演舞が披露された

 東京IT会計専門学校や東京法律専門学校などを運営する立志舎(本部・東京都)が1月19日、公認会計士、税理士などの難関国家試験や公務員試験合格者、上場企業内定者らによる合格祝賀会を東京都内のホテルで開いた。今年で38回目となる祝賀会には、系列校の1400人の学生に加え、企業の人事担当者や各地の高校の進路指導教諭など計1700人が集まり、新たな門出を祝った。

     小西信哉理事長や来賓のあいさつに続き、難関国家資格試験合格者の表彰式が行われ、トロフィーが贈られた。続いて、公認会計士試験に全国最年少の19歳で合格した田茂一成さん(神奈川県立厚木商業出身)が「同じ目標を持った友人たち、熱意ある先生方のお陰で合格することができた。AIやIT技術の進歩で社会の変化が激しい時代となったが、専門学校で得た高度な知識とチャレンジ精神で社会に通用する人材になりたい」とあいさつした。

     祝賀パーティーでは、各校所属のブラスバンド部の演奏やチアリーディング部、応援部による演舞、特別ゲストのお笑い芸人、石出奈々子さんやどぶろっくによるライブが行われた。23日には大阪市内のホテルでも中部・関西地区の「合格祝賀会」が行われる。

     立志舎は、全国で実学系専門学校23校を展開する学校法人。クラスを6~8人のグループに分けて行うゼミ学習で知られ、公認会計士試験では全国最年少の19歳での合格者を3年連続で2人出し、今年は現役で計22人が合格。また、税理士試験では今年度、全国の大学生現役合格者(全5科目)が3人しかいないにもかかわらず、立志舎では全国最年少の21歳の合格者3人を含む計10人が現役で合格した。さらに、各種資格や公務員試験などでも高い実績を誇り、上場企業への就職率は27.83%、民間企業就職率は99.33%と、4年制大学をしのぐ実績を上げている。【中根正義】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
    2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
    3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです