メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

人生と時代を見抜く哲学 姜尚中さん

「見抜く力」を刊行した姜尚中さん2017年9月23日、東京都内で明珍美紀撮影

 「日常の小さな出来事と国家や世界平和にかかわる重大な事件は同時並行的に起きている。大切なのは、その二つの世界を洞察する力を鍛えること」と説くのは、政治学者で東京大学名誉教授の姜尚中(カンサンジュン)さん(67)。近著「見抜く力」(毎日新聞出版)で主体的に生きるための「姜流哲学」をつづっている。

 熊本市出身の在日韓国人2世。日韓関係やアジアの歴史認…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです