メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

人生と時代を見抜く哲学 姜尚中さん

「見抜く力」を刊行した姜尚中さん2017年9月23日、東京都内で明珍美紀撮影

 「日常の小さな出来事と国家や世界平和にかかわる重大な事件は同時並行的に起きている。大切なのは、その二つの世界を洞察する力を鍛えること」と説くのは、政治学者で東京大学名誉教授の姜尚中(カンサンジュン)さん(67)。近著「見抜く力」(毎日新聞出版)で主体的に生きるための「姜流哲学」をつづっている。

 熊本市出身の在日韓国人2世。日韓関係やアジアの歴史認…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです