メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

人生と時代を見抜く哲学 姜尚中さん

「見抜く力」を刊行した姜尚中さん2017年9月23日、東京都内で明珍美紀撮影

 「日常の小さな出来事と国家や世界平和にかかわる重大な事件は同時並行的に起きている。大切なのは、その二つの世界を洞察する力を鍛えること」と説くのは、政治学者で東京大学名誉教授の姜尚中(カンサンジュン)さん(67)。近著「見抜く力」(毎日新聞出版)で主体的に生きるための「姜流哲学」をつづっている。

 熊本市出身の在日韓国人2世。日韓関係やアジアの歴史認…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]