メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

偶然の再会、苦悩から解放 「娘を心配」恩人が証言 芦屋の百々さん、今度は心も救われ /兵庫

 苦しみを解き放ってくれたのは、23年前の自分の声だった--。芦屋市の自営業、百々(どど)孝治さん(62)は阪神大震災で自宅の下敷きになり、一緒に寝ていた妻子を亡くした。救出されるまで「自分の命しか考えていなかった」という当時の記憶に悩み、自分を責め続けてきた。

 1995年1月17日。神戸市東灘区魚崎中町の住宅街を強い揺れが襲った。自宅2階で妻君子さん=当時(34)、長女麻衣子ちゃん=当時(2)=と川の字で寝ていた百々さんに、瓦ぶきの屋根とはりが崩れ落ちてきた。1階にいた母重子さんは窓から脱出した。

 斜め向かいの住宅では、当時大学生だった映像作家、小池義忠さん(44)が、徹夜で課題に取り組んでいた…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1019文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです