メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

「メルロン」か「マクケル」か 欧州のカギ握る独仏構図=浜矩子

 欧州情勢に異変ありだ。このように書けば、欧州情勢は既に異変だらけじゃないか、と思われる皆さんが多いかと思われる。

 確かに、このところの欧州情勢は大いに異変続きだ。イギリスが、いわゆる「ブレグジット」、すなわち欧州連合(EU)からの離脱に向かおうとしている。スペインでは、カタルーニャ州が独立の機運をいまだかつてなく本格化させている。欧州津々浦々で、怪しげなポピュリストたちが怪しげなうごめきを示している。こうしてみれば、異変こそ、いまや、欧州の日常だとさえいえる状況だ。

 だが、ここに来て、これら一連の異変とは、また一味違う問題が生起している。一連の異変と決して無関係で…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです