メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

エルサレム問題 中東の信頼回復遠く ペンス氏、多難の歴訪へ

ペンス副大統領の中東歴訪を巡る相関図

 【ワシントン高本耕太、エルサレム高橋宗男、カイロ篠田航一】米国のペンス副大統領は19~23日、エジプト、ヨルダン、イスラエルを歴訪する。頓挫しているパレスチナとイスラエルの和平交渉に米国が引き続き関与する姿勢を示すとみられるが、交渉当事者のパレスチナ側との会談は予定されていない。パレスチナ自治政府や、これを支援するアラブ諸国はトランプ米政権を「反パレスチナ」と見て強い不満を抱える。今回の歴訪で、米国の和平仲介者としての信頼が回復される可能性は低い。

 ペンス氏は20日にエジプトでシシ大統領と会談。21日にはヨルダンでアブドラ国王と会談する。テロとの…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1262文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです