メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

鶴竜、一人横綱の仕事

鶴竜(左)が琴奨菊を寄り切りで降す=藤井太郎撮影

6日目(19日・両国国技館)

 鶴竜は、琴奨菊の攻めに苦戦しながらも6連勝。御嶽海、栃ノ心、朝乃山も全勝を守った。1敗は松鳳山と大栄翔の平幕2人。豪栄道と高安の大関2人は、ともに敗れて2敗に後退。安美錦は右膝を負傷し、この日から休場した。

 =十両勝負=

志摩 おしだし    水戸

希善 こてなげ    山口

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文1994文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです