メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/188 シリア 内戦下の子どもたち

 みなさんはシリアというくにっていますか?

     ここではいまおなくになか人々ひとびところう「内戦ないせん」がきています。アサド大統領だいとうりょうひきいる政府軍せいふぐんと、大統領だいとうりょう反対はんたいするかんがえの人々ひとびとが2011ねんからあらそいをつづけ、首都しゅとダマスカスにはいま爆弾ばくだんおとひびいています。

     シリアの小学校しょうがっこうおとずれてみました。教室きょうしつ熱心ねっしん勉強べんきょうし=写真しゃしん<左>(ひだり)、やす時間じかんにボールあそびをたのしむ姿すがた写真しゃしん<右>(みぎ)=は日本にっぽん小学生しょうがくせいなにわりません。「将来しょうらい医者いしゃになってきずついたひとたすけたい」「洋服ようふく仕事しごとをしたい」「外国がいこくってみたい」。戦火せんかえないなか、みんなすてきなゆめかたっていました。

     シリアのどもたち、そしてみなさんが大人おとなになったときは、一緒いっしょあらそいのない世界せかいつくってほしいとおもいます。今年ことしこそシリアに平和へいわおとずれてほしいですね。【ダマスカス・篠田航一しのだこういち写真しゃしんも】


    国名こくめい シリア・アラブ共和国きょうわこく

    首都しゅと ダマスカス

    面積めんせき 18まん5180平方へいほうキロメートル

    人口じんこう 1800万人まんにん(2016年推定ねんすいてい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
    2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
    3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
    4. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」
    5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです