メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

元警察官、見回り14年(その1) 東尋坊、命の番人

東尋坊でパトロールするNPO「心に響く文集・編集局」代表の茂幸雄さん=福井県坂井市で2017年11月、小関勉撮影

 冬の日本海の荒波が岩に砕かれ、高い水しぶきが上がる。2017年11月の週末。福井県坂井市の景勝地・東尋坊(とうじんぼう)で、茂幸雄(しげゆきお)さん(73)がいつも通り周囲を念入りに見渡す。

 観光客でにぎわう一帯からそれた岩場まで歩くと、双眼鏡をのぞき込み、先端が平らになった小高い岩を指さした。「以前、あの岩で寝そべっていた人もいた。誰かに声をかけてほしいというメッセージですよ」。冷たい風が吹き付ける中、周辺を約1時間歩いて見回ると「今日は無し。良いことやね」。事務所を兼ねる喫…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです