メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
国連

公海の生物、保護へ 初の条約制定目指す

 公海の生物を保護する初の包括的な条約制定に向け、国連が本格的な政府間交渉に入ることを決めた。生物の保護区を設けるなどしたうえで、法的拘束力を持たせることを目指し、9月に議論を開始。2年間で4回の会合を開き、内容をまとめる。

 海岸から200カイリ(約370キロ)より先の公海は海の3分の2を占める。多様な環境があり、大型哺乳類から各種の魚類、微生物まで生息している。しかし乱獲が横行。国連食糧農業機関の推計では、全海洋で魚の約60%が種の存続が危ぶまれ、30%近くは限度を超えている。近年は医薬品や新素材の開発を期待し、微生物など海洋生物の遺伝子も注目される。

 だが生物の保護や、採取の際の環境影響評価などのルールは、一部の海域や生物の種類を除いて無い。国連は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです